鈴乃屋

成人式の振袖のことなら、きもの鈴乃屋

2018年振袖カタログ無料プレゼント
ホーム > 会社概要 > 清子の思ひで > 第六話

小泉清子

清子の思ひで

第六話 麦ご飯のお弁当

麦ご飯のお弁当昭和通りにふさわしい店舗をつくろうと、父は毎日大工の棟梁と打ち合わせをしていたが、会話のなかに、「総ヒノキ造り」という言葉がよく出てきた。やがて新築完成された店は、三階建て中庭付、奥は住居で、昭和通りではひときわ目立つ建築だった。ウィンドの大きい煉瓦造りの見事な出来ばえであった。

中庭には、池、噴水、築山、燈籠と、小さな滝までしつらえてあった。なかでも父の自慢は二階客間床柱である。紫檀、黒檀、たがや山、来る客、来る客に説明していた。また、水漕便所にお金をかけたことである。男女の別と水漕便所は、当時珍しかったらしい。「この便所で小さな家が一軒建つんだぞ」と子どもたちに聞かせた。

三方廊下に囲まれた庭の池には鯉をたくさん入れて、一尾、一尾名をつけ、元気が良いとか悪いとか、家族団欒の場であった。檜の廊下は、子どもたちが交代で磨いた。まず豆乳で拭き、次はおからで磨き、あとはから拭きする。朝夕二回、座敷、廊下は必ず掃除をするのである。食事は掃除のあと、と朝晩きまっている。

店舗と住居は全く遮断されて、店舗のミシンの音は全然奥に入らなかった。子どもの勉強に支障をきたしては、との配慮で、建築構造上苦労したらしい。

店舗の中央は、大きな父の帳場があって、蓋が半円形の上がり下がりするモダンなものであった。中におかれた鉛筆、メモ用紙、伝票類、ハサミ、消しゴムまで、いつもキチンと整理されて、少しも移動したことがない。誰かが使って位置が変わっていると大目玉が下った。全てに几帳面で、洋服ダンスの中は、全部自分で整理していた。他人のやったことは気にくわない。ただ和服だけは母に任せていた。財布の中にはいつも新札が入っている。

新築成って五、六年は順風満帆、商売も家庭もおだやかな帆にあやつられて流れていた。

  • 第一話 昭和二十二年九月二十八日、大安の日、「鈴乃屋」は誕生した。
  • 第二話 紅絹に感ずる女の業
  • 第三話 震災のあとの七五三
  • 第四話 小学生の頃
  • 第五話 馬とび
  • 第六話 麦ご飯のお弁当
  • 第七話 母
  • 第八話 二足のわらじ
  • 第九話 女史になれ
  • 第十話 コンデェイションとコンディション
  • 第十一話 不合格

ページトップへ

全国の店舗で、成人式の振袖をお手伝い。
鈴乃屋の「ご家族安心パック付」の振袖なら、全国のどの店舗でも着付け無料。成人式以降の振袖の着付けもOK。成人式、卒業式、披露宴からよそ行きのお出かけまで、お好きな時に着られます。
様々なシーンで振袖をお楽しみください。

鈴乃屋の最新ふりそでコレクション

2018年成人式 最新振袖カタログ無料でご自宅にお届けします!

セイコきもの文化財団

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ Copyright(c)Suzunoya. All rights reserved.