鈴乃屋

成人式の振袖のことなら、きもの鈴乃屋

2018年振袖カタログ無料プレゼント
ホーム > 会社概要 > 清子の思ひで > 第十二話

小泉清子

清子の思ひで

第十二話 三日後に入省せよ


翌日、おずおずと課長に申し出た。課長は引きとめもせず許可してくれた。かえって気が楽になった。いまでも、丸の内を通ると思い出す。女性ながら必死に働く女性社員、そこには女のうるおいも暖かさもなく、遮二無二働く姿は立派だが、何か割り切れない疑問も残る。当時の民間会社の縮図だったのかもしれない。「三日にして、その会社の悪い面がわかる」、私は自分で経営をはじめるようになった時から、よい教訓として、先輩社員が新入社員を迎える心構えを説き続けている。

食べ物の恨みは怖いという。日立の食堂での悲哀も参考になった。ご飯だけは最後まで気をつけて、十分食べさせるよう、食事担当者には厳重に言い渡し、実行させてもいる。

指示通り、三日後には内務省に初登庁する。こんどは高等官の秘書を命ぜられた。雰囲気は全くちがっている。「君は試験で一番だったよ。とくに数学はよくできていた。だから数学関係の仕事をしてもらうが、当分はぼくの秘書になって下さい」、丁寧にいわれて恐縮してしまった。帝大出の高等官松村氏は背が高く、学者風であった。数学で師範を落とされ、数学で内務省に拾われた。私の人生の別れ道であった。

次回予告

「第十三回 お給料、有り難うございました」 10月末更新予定


バックナンバー

  • 第一話 昭和二十二年九月二十八日、大安の日、「鈴乃屋」は誕生した。
  • 第二話 紅絹に感ずる女の業
  • 第三話 震災のあとの七五三
  • 第四話 小学生の頃
  • 第五話 馬とび
  • 第六話 麦ご飯のお弁当
  • 第七話 母
  • 第八話 二足のわらじ
  • 第九話 女史になれ
  • 第十話 コンデェイションとコンディション
  • 第十一話 不合格

ページトップへ

全国の店舗で、成人式の振袖をお手伝い。
鈴乃屋の「ご家族安心パック付」の振袖なら、全国のどの店舗でも着付け無料。成人式以降の振袖の着付けもOK。成人式、卒業式、披露宴からよそ行きのお出かけまで、お好きな時に着られます。
様々なシーンで振袖をお楽しみください。

鈴乃屋の最新ふりそでコレクション

2018年成人式 最新振袖カタログ無料でご自宅にお届けします!

セイコきもの文化財団

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ Copyright(c)Suzunoya. All rights reserved.