鈴乃屋

成人式の振袖のことなら、きもの鈴乃屋

2018年振袖カタログ無料プレゼント
ホーム > ニュース・お知らせ > 篤姫

篤姫~ゆかりの地を訪ねて~

薩摩藩主島津家の分家に生まれ、藩主の養女に。さらに公家の養女になり、 将軍の御台所にまでのぼりつめた篤姫。しかし、激動の幕末は、ひとりの女性の運命を 過酷に、さらに波瀾に満ちたものへと導きました。 江戸城最後の女あるじとして無血開城を成し遂げ、徳川家の存続のために捧げた人生は、ドラマ以上にドラマチック。強い精神力で、純粋に誇り高く生きた篤姫の足跡を追います。

ゆかりの地を訪ねて

  • 第5回

    第5回(最終回)
    終焉と再生

    慶応4年(1868年)、江戸城は明治新政府軍に明け渡され、東京城(とうけいじょう)に改名され、江戸も東京と呼ばれるようになった。時代の流れを篤姫はどのような思いで眺めていただろうか・・・・

    続きを読む

篤姫とは・・・

篤姫は、壮健な体と強靭な精神の持ち主であったと、様々な本には描かれています。

写真で見る篤姫は、がっしりした体躯で長身、黒々とした豊かな髪、意志の強そうなはっきりした目鼻立ちをしており、お姫様というよりも「女丈夫」という言葉がぴったりです。

宮尾登美子さんの小説「天璋院篤姫」の中で養育係の菊本に子供の頃の篤姫について、「それはそれはおやしやすい姫君さまでござりました。お好きお嫌いがはっきりしておさじゃいもすし、何よりお体がお強うおわして、めったにお床におつき遊ばすことはございませんでした」と語らせ、体が強くて目に見えて利発であったと書いています。

一方、細やかな心遣いのやさしい性格で妹たちからも慕われました。今和泉島津家では、そんな篤姫のことを誰もが「男でなくて残念」と悔しがったとか。

やがて篤姫の聡明さは、思いもよらぬ運命を引き寄せることになります。

ページトップへ

関連コンテンツ
「江 姫たちの戦国」を辿って

運命は、姫たちを激動の乱世に引き入れた。
歴史の表舞台を歩く男たちの影で時に激しく、時に儚く、時に気高くこの時代の華となり、美しく散った姫たちの物語……。

「龍馬伝」の舞台を訪ねて 歴史上、最も愛された英雄、坂本龍馬。その生涯と魅力、足跡を訪ねて…

その男が歴史の舞台に立った時、時代は大きく動いた。剣術家にして、革命家、政治家、実業家、交渉人、プロデューサー…。数多の顔を併せ持ち、日本を近代化へと導いた。活動期間はわずか5年。短くも濃密な生涯には、語りつくせぬほどの物語がある。

天地人ゆかりの地~大河ドラマ「天地人」の舞台を訪ねて~

毘沙門天の化身といわれた上杉謙信の教えを主君・上杉景勝とともに受け継ぎ、私利を捨て民のために力を尽くした直江兼続。
大河ドラマ「天地人」の舞台を訪ねます。

全国の店舗で、成人式の振袖をお手伝い。
鈴乃屋の「ご家族安心パック付」の振袖なら、全国のどの店舗でも着付け無料。成人式以降の振袖の着付けもOK。成人式、卒業式、披露宴からよそ行きのお出かけまで、お好きな時に着られます。
様々なシーンで振袖をお楽しみください。

鈴乃屋の最新ふりそでコレクション

2018年成人式 最新振袖カタログ無料でご自宅にお届けします!

セイコきもの文化財団

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ Copyright(c)Suzunoya. All rights reserved.