鈴乃屋

成人式の振袖のことなら、きもの鈴乃屋

2018年振袖カタログ無料プレゼント
ホーム > サービス・お役立ち > きもののお手入れ > きものをしまうとき

サービス・お役立ち

きもののお手入れ

きものをしまうとき

きものは桐たんすや、きもの用衣裳箱に入れ、湿気の少ない場所に
置きます。たんすは壁から10cmほど離し、通気にご注意ください。

 

金糸、銀糸、箔、刺繍がすれて傷まないよう、和紙か糊のついていない白布を当てその部分が折れないよう、夜具だたみにしましょう。

 

きものや帯は、畳紙か、糊のついていない木綿布に包んでしまいましょう。ナイロン袋には絶対に入れないでください。

 

重ねすぎはしわの原因に。きものと帯を一緒にしまう場合は、別々の畳紙か糊の着いていない木綿布に包んで、必ず帯を下に。

 

絹はとてもデリケートです。ウールの染料や処理剤で変色することもあるので、絹は他の繊維とは別にしまいましょう。

 

着付け用のゴム製品は、化学変化を起こして、金糸、銀糸、箔を変色させてしまいます。ゴム製品とは必ず別々にしまってください。

全国の店舗で、成人式の振袖をお手伝い。
鈴乃屋の「ご家族安心パック付」の振袖なら、全国のどの店舗でも着付け無料。成人式以降の振袖の着付けもOK。成人式、卒業式、披露宴からよそ行きのお出かけまで、お好きな時に着られます。
様々なシーンで振袖をお楽しみください。

鈴乃屋の最新ふりそでコレクション

2018年成人式 最新振袖カタログ無料でご自宅にお届けします!

セイコきもの文化財団

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ Copyright(c)Suzunoya. All rights reserved.