鈴乃屋

成人式の振袖のことなら、きもの鈴乃屋

2018年振袖カタログ無料プレゼント
ホーム > 会社概要 > 清子の思ひで > 第十一話

小泉清子

清子の思ひで

第十一話 不合格

不合格図書館通いを続ける一方、夜は夜でかなり遅くまで机に向かった。 学校の成績も一年ごとによくなって、四年生になってからは、クラスでも10番以内に入っていた。乙は英語と音楽だけの時があった。

小学校時代のような全甲は、恐らく一組に一人いるかいないか、とにかく五年になったらクラスで三番ぐらいになってみたかった。級中何番というのは、最終学年にはっきり通信簿に書いてあった。

いよいよ目標の師範の試験が近づいてきた。「あなたはやせているから、第二次の体格検査だけがちょっと心配よ」と担任の山口先生にいわれた。たしかに、クラス中で一番体重が少なかった。30キロそこそこぐらいで、やせて貧弱だった。父はそれをきいて心配しはじめた。「よし、良いことがある」。

翌日、早速自製の腹巻きを作らせた。そしてその中に一銭銅貨をつめるだけつめ込んでお腹に巻き、その上を黒いズロースでかぶせた。当時はみな黒い下穿きをつけていた。体重を計るにも下穿きをとらずに計ったものだ。一銭銅貨の重みも加わって大分体重も増して、父は「しめた」といって喜んだ。父の苦心のアイデアであった。

入学式当日の朝はいつもに似ず緊張した。長い間の目標だったし、現在の家庭の事情から最善と信じて、ここ一校しか受験しなかった。何としても入学しなければ、という神経の昂ぶりがあった。第一日目の最初が、数学であった。緊張の余りばかに難しく考えてしまい、一番自信のあった数学だけに、どうして解けないのか気ばかり焦る。焦れば焦るほどわからなくなってしまい、とうとう10の問題ともできず白紙で出す始末。あとから思えばすごくやさしい問題だったのだ。

国語や化学、歴史は順調にいった。それでも第一次は通ったが、第二次の結果、やはり不合格であった。父の腹巻きの協力も無駄の終わった。私はなす術を知らず、空虚と焦燥と、自己嫌悪に胸かきむしる思いだった。父は、「女子大に行け」とさかんにすすめた。「月謝のことなど心配するな」と口にこそ出さないが、目は語っていた。これ以上、親に心配はかけたくない。はっきり決心すると、私は早速翌日学校の事務局へ行き就職のことを申し出た。

  • 第一話 昭和二十二年九月二十八日、大安の日、「鈴乃屋」は誕生した。
  • 第二話 紅絹に感ずる女の業
  • 第三話 震災のあとの七五三
  • 第四話 小学生の頃
  • 第五話 馬とび
  • 第六話 麦ご飯のお弁当
  • 第七話 母
  • 第八話 二足のわらじ
  • 第九話 女史になれ
  • 第十話 コンデェイションとコンディション
  • 第十一話 不合格

ページトップへ

全国の店舗で、成人式の振袖をお手伝い。
鈴乃屋の「ご家族安心パック付」の振袖なら、全国のどの店舗でも着付け無料。成人式以降の振袖の着付けもOK。成人式、卒業式、披露宴からよそ行きのお出かけまで、お好きな時に着られます。
様々なシーンで振袖をお楽しみください。

鈴乃屋の最新ふりそでコレクション

2018年成人式 最新振袖カタログ無料でご自宅にお届けします!

セイコきもの文化財団

お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ Copyright(c)Suzunoya. All rights reserved.